トータルエーミングができる

魚沼地域で唯一の工場

魚沼エーミングワークス

uonuma aiming works.png
図1.png
図2.png
図3.png
ADAS_Guide4.jpg

先進安全自動車(ASV)にはカメラ、ミリ波レーダー、センサーなど安全運転を支援する先進安全装置が搭載されており、これらのシステムが正確に作動することが求められています。事故等でクルマがダメージを受け修理をする際には、正確な測定と補正『トータルエーミング』が必須となります。

この測定と補正を行わず、従来の鈑金塗装のみで修理を完了した場合、先進安全装置が正しく作動しない、または誤作動を起こす可能性があり、危険な状態となり得ます。

​たとえば...①

​長年の使用や衝撃などにより、足廻り装置に歪みやズレが生じ、ホイールアライメント(ホイールの整列具合)が正常ではなくなった一例。

走行軸-1.jpg

アライメントが基準通りであれば、このように真っすぐ走行します。

走行軸-2.2.jpg

例えば何かしらの原因で後輪のアライメントが図のように狂うと、ハンドルを真っすぐにして走行しても、クルマは左に流れます。

走行軸-3.jpg

クルマが左に行くので、ハンドルを右に切らないと直進できません。

その結果、進行方向(赤矢印)とクルマの向き(黄矢印)が違う方向で走行します。

​コレ大問題!

ブレーキサポートなどの先進安全装置のレーダーやカメラは、クルマの向き(黄矢印)と同じ方向を見ています。

進行方向(赤矢印)とクルマの向きがズレてしまっていると、レーダーやカメラが危険を察知するのが大幅に遅れてしまうのです。

ちなみに、

進行方向とクルマの向きが2度ちがうと、30m先ではおよそ1mのズレになります。

60km/hで走行していれば、30m走る時間はわずか1.8秒です。

この状態ではとても「先進安全自動車」とは言えません。

走行軸-4.jpg

​たとえば...②

事故などの衝撃で、車体に歪みが生じた場合。または、過去の事故修理の際、ボディーアライメント(3次元車体計測と補正)を行わなかった場合。

fz_ZVR.jpg
carlineup_prius_grade_grade3_2_01_pc.png
carlineup_vellfire_grade_grade3_22_pc_ed

クルマの大きさやカタチはいろいろですが・・・

どのクルマも立体的な「箱」です。​

はこ.jpg

事故などで衝撃が加わると、

衝撃が波及して、箱がわずかですが変形します。

損傷部分は見た目でわかりますが、​波及のわずかな変形は見た目では確認できません。

波及.jpg
レーダーのズレ.jpg

​コレ大問題!

変形した箱に取り付けられているレーダーやカメラは、基準の位置や角度ではない可能性が高くなります。当然、危険を察知できない可能性があるわけです。

​ボディーアライメント(3次元車体計測と補正)を行えば、このような事態を未然に防ぐことができます。

この状態ではとても「先進安全自動車」とは言えません。

​たとえば...③

ホイールアライメントとボディーアライメントを行わずに、エーミングを行った場合。

エーミング.jpg

エーミングとは、レーダー、センサー、カメラなどの先進安全装置の「校正作業」のことです。

「レーダー、センサー、カメラが、正しい位置で正しい角度で取り付けられていますよ。」と、クルマに覚えさせるという作業です。

よく、基準値になるように調整する作業だと勘違いされることがありますが、そうではありません。

​コレ大問題!

走行軸-4.jpg
レーダーのズレ.jpg

前述のように、ホイールアライメントとボディーアライメントが正しくなければ、レーダーやカメラなどは危険を察知できないのです。この状態でエーミングをして、正しい位置だとクルマに認識させても、まったく意味がありません。

​ホイールアライメントとボディーアライメントが基準値であれば、エーミング作業だけでも良いのですが、アライメントの良否は、実際に計測してみないとわかりません。

この状態ではとても「先進安全自動車」とは言えません。

もう、おわかりですよね。

​エーミングは、

クルマが“真っすぐ”になっていないと

意味がないのです。

まず、クルマが“真っすぐ”か確認する、

そして補正する、

それからエーミングという流れの

トータルエーミング

​標準です。

uonuma aiming works.png

トータルエーミング

​手順

外装チェック

​故障診断

よこ.png
maxisys.gif

センサー類の妨げになる異物のチェック。

​故障コードの確認。

ボディー

​アライメント

図1.png

3次元計測器で車体の歪みを計測。

​必要であれば補正・修正をします。

図3.png

ジグ式フレーム修正機で、ミリ単位での補正・修正が可能です。

タイヤチェック

​空気圧調整

unnamed_edited.jpg

タイヤ不具合チェック。

​空気圧を基準値に調整。

ホイール

​アライメント

図2.png

ホイールアライメントの計測。

​基準値から外れていれば補正・調整。

エーミング

エーミング.jpg

正確に作動しているかの確認と校正。

試運転

​故障診断

maxisys.gif

​実走行で、各機能が正常に機能するか確認と、故障コード有無の確認。

● 先進安全自動車対応 ●

鈑金塗装と

トータルエーミングが

同時にできる

​地域で唯一の工場

同業者の皆様へ

全工程または

一部工程

​当社承ります。

詳細は

​お問合せください。

%E9%88%91%E9%87%91%E3%82%B3%E3%83%90%E3%

キズへこみ鈑金塗装、事故修理はコチラ

uonuma aiming works.png

魚沼エーミングワークス

​〒949-7413 新潟県魚沼市堀之内103番地

℡.025-794-2508

​株式会社 宮本モータース